学習塾のNAKANOのBLOG

小・中学生の学習方法や環境について

集団大手塾と集団個人塾

熊本 塾 学習塾のNAKANO
昨日髪を切りに行った時に、そこで高校生と中学生のお子さんをもつ女性とお話をいたしました。話は塾の話になり、その女性曰く「最初は大手塾に行っていたけど、授業についていけなくて個人塾に変えたら成績上がって志望校に受かりました。やっぱり個人塾がいいですね」とのことでした。

 

私の意見としては半分は賛成ですが、半分は意見が異なります。まず、集団授業を行う大手塾と個人塾の違いについて簡単にまとめてみます。

※あくまでも集団授業を行う塾であり、最近個人塾ではやりの個別指導塾は含みません。

 

<大手塾>

①生徒様の学力に応じてクラス分けがあり、学力に応じた授業がある。

②予め予定されたカリキュラム通り安定して授業が進行していく。

③生徒数が多い。

④基本料金が比較的安い。一方でオプション等を付けると高額になる場合もある。

 

<個人塾>

①講師が一人の場合、クラスも一つの場合が多い。レベルに差がある場合授業が難しいもしくは簡単すぎると感じる。

②カリキュラムは臨機応変。ある程度状況を見ながら進めていく。

③生徒数が少ない。

④基本料金は高い。一方でオプションなどはあまりないため追加費用がさほど掛からない場合が多い。

 

簡単に大きな違いとしてはこんなところでしょうか。もちろん一般論ですので、これらの条件とは合致しないところも多々あるかと思いますが、とりあえずざっくりとはこんな感じです。

簡単に言ってしまうと、大手塾は「チェーン店のパッケージ商品」、個人塾は「地元工務店のオーダーメイド商品」というイメージです。

大手塾の場合は運営元がカリキュラム等を管理していますので、学校によって教育水準に大きな違いはありません(教師による違いはあるかと思いますが)。一方、管理されていますので、勝手に教材を変えたり、スケジュールを変えたりすることが出来ません。なので、今日はここ、次回はここという形で決めたとおりに進んでいきます。進行に生徒様方の授業後の理解度はあまり考慮されていません。もし追いつけない場合は系列の個別塾を紹介されて個別に学力補完するといった対応ではないでしょうか。

個人塾は教える先生の力量によって当たり外れが大きくあります。また、生徒様と合う合わないもありますので、選択が難しいところがあるかもしれません。一方生徒様の状況に応じてカリキュラムは臨機応変に変更できますので、うまく対応できる先生でしたら、生徒様の理解度が上げやすい授業が展開できます。

 

さて、これらの条件から鑑みるに、私は大手塾か個人塾かは「生徒様が自分で学習できるか」で判断すべきかなと思います。また、学力の目安では偏差値55以上の生徒様であれば大手塾のメリットを享受できるかと思います。出来れば偏差値60位あればいいかと。

一方で偏差値が50に届かない生徒様であれば、個人塾を検討するのもありかなと思います。多分画一的に進むカリキュラムでは相当学習内容の取りこぼしが発生するでしょう。出来るまでやるスタイルの個人塾の方が穴を埋めながら進んでいけると思います。

 

ちなみに私の塾は「あまり家で学習する習慣がない、偏差値50未満」の生徒様が入学時の対象生徒様としております。この条件に当てはまる生徒様であれば、かなり効果的な学習ができます。ここから最終的には偏差値55以上、できれば60まで持っていきます。一方最初から偏差値が60近くもあるような生徒様であれば私の塾は合いませんので、ご相談が来てもお受けしないかと思います(もしくは不得意な教科のみ受講を勧めるかです)。

大手だから、個人塾だから、よいというのではなく、生徒様がどのような学力なのか、どのような学習を行っているのかを考慮して塾を考慮頂ければと思います。

www.nakanoshinsuke.net

 

時間の使い方

熊本 塾 学習塾のNAKANO

生徒様から、「先生って家に帰ってお酒飲むの?」と聞かれました。

今迄も何度かお尋ねされたことがあるのですが、私は家でお酒を飲むことはほとんどありません。2~3ヶ月に1回位妻と映画を見ながら飲むことがありますが、基本リラックスした時に飲むのは、ココアかカフェオレです。

 

お酒が嫌いというわけではなく、時々お酒飲みたいなと思うこともあるのですが、結構我慢することが多いです。なぜなら、お酒を飲むとその日が終わってしまうからです。貧乏性の私としてはできるだけ寝るぎりぎりまで何かしておきたいと思ってしまうのです。例えば余裕があればブログ書いたり、授業の報告書を書いたり、本を読んだり、ネットで情報収集したり…、とまだ何かが出来ると思ってしまいます。

そこにアルコールが入ってしまうと、その時点でしゅ~りょ~っとなってしまいます。思考力が鈍くなりますので、まともな活動はできなくなりますから。

 

以前会社員だったころ、結構頻繁に飲み会があっていました。週に2回位でしょうか。お客様とのオフィシャルな飲み会であれば仕方ないかと思いますが、結構仲間内で飲みに行くこともありました。

飲ミニケーションとよく言いますけど、そんなにしょっちゅう行かないと深い話ってできませんか?…というより、飲みの場でする話ってそんなに重要な事でしょうか?プライベートでも仲良くするっていうのならば、休みの日に一緒にレジャーに行く方がずっと思い出に残るかと思います。

仕事上の深い話は仕事時間に真剣に行うべきだと思いますし、仕事上での付き合いならば無理してストレス抱えて飲みに参加しなくてもいいと思います。多分、飲みの席ではj上席の方が半ばダメだしをし、それを部下が延々「はい、そうですね」とか、「さすがですね」とか相槌うちながら聞いてるだけではないでしょうか?それよりも早く帰って専門的な勉強してた方がよくないですか?

昨日遅くまで飲んでいたという、半ば武勇伝的な会話を耳にすると、何やってんだと思うこともしばしばありました。

 

上司であれば、部下がもしこのような行動を起こそうとするならば翌日のパフォーマンスを落とさないようにしっかり管理してあげるべきでしょうし、間違っても遅くまで部下を連れまわすなどということがあっては管理者失格と言わなければなりません。

 

さて、今別な企業様で少し仕事のお手伝いをさせて頂いていますが、周りの方々かなりレベルが高いです。少なくとも同年代のレベルでいうと前いた企業よりもかなり高いです。この方々、基本的に仕事の打ち合わせは仕事の時間内に終わらせますし、仕事の後も自己研さんの時間を持ち、あまり仲間内で遅くまで飲みに行くということもしません。それでも、仕事中は仲良く意見を言い合っています。また、皆年齢に関係なく平等な立ち位置なので、上だからといって高圧的な態度をとる人が誰一人としていません。

一方で各課の管理者は管理という仕事に対し責任を持って全うしており、管理者だからと言って周りの部下を呼び捨てで呼ぶようなこともありません。

 

このような企業体系を見てみると、なるほど、常に新しいものを生み出していますし、社員も新しい案を企画書という形で発案し続けています。しかもそれがすぐ実行に移されたりする。売り上げは毎年右肩上がり…理想的な企業風土だと思います。

 

全てが仕事後の飲み会の是非につながることではないかと思いますが、皆限られた時間を有効に使うということの意識はしっかり持っています。

今私の塾に通っている生徒様は、全て私の授業を受けた場合かなり時間を有効に使っていることかと思います。少なくとも毎日3時間は学習しないといけませんし、到達確認テストがあるので、ただ作業のようにやるだけでは学習したとはみなされませんから。これらの制約の中で遊ぼうと思うなら、かなり時間を有効に使っていかなければならないでしょう。

受験までの限られた時間の中で、上手に時間を使い大きく自分を伸ばしてほしいと願います。

www.nakanoshinsuke.net

 

 

 

中間テストを乗り越えて

熊本 塾 学習塾のNAKANO

BLOGの更新がかなり空いてしまいました。

少なからずBLOGを訪れて頂いている方がいるのにもかかわらず、なかなか更新できず申し訳ございませんでした。

塾生にはほぼ毎日授業報告と銘打ったメルマガ的なものをお送りしているので、私個人の感覚としては毎日BLOG書いている感じなのですが、気付いてみるとこちらのBLOG更新が1ヶ月以上空いておりました。

今後も少しずつ更新していきますので、たまに訪れて頂けると嬉しいです。

 

 

さて、BLOG更新が空いていた期間に何があったかと言いますと、中間試験です!

もともと私の塾は数学と理科の専門塾という形をとっておりましたが、中間試験前はテスト前対策として全教科(1教科大体5時間くらい)の集中講座を開いていました。

やってみて思いましたが、これはかなりきつかったと思います(講師側もですが特に生徒様がわが…)。

今後は対象教科を5教科に増やしましたので、こつこつと地力をつけていけるような授業構成にしていきたいと思っています。

 

しかし、2月末より始めたこの塾ですが、ずっと通っていただいている生徒様に変化がみられるようになってきました。

成績も上がってきてるのはもちろんなのですが(中間試験の結果は成績上昇や、自己最高点更新等しっかり結果として返ってきました)、大きな変化として、学習に対する取り組み姿勢がかなり前向きになってきました。確かに成績が上がるのはうれしいことですが、それ以上に取り組み姿勢が変化したことがとにかくうれしい。

学習に前向きになってもらえれば、その後の学習効果が劇的に上がりますので、今後はさらに成績上昇につながるでしょう。

 

うちの塾も例にもれず、成績を上げるために通って頂く塾です。なので、5教科授業になると結構頑張らねばなりません。最低週4回は通わないといけませんし、すべての授業を受けるなら週6回、宿題も出ますので、ほぼ毎日学習をすることになります。

しかし、それでも生徒様が徐々にやる気になって結構楽しそうに塾に通っていただけるのは、しっかり力がついているのを実感してもらっているからでしょう(全く力にならず面白くないのに週4~6は通えませんから)。

個人塾であることによるフットワークの軽さというアドバンテージと、講師のやる気でこれからさらに上昇街道をバクシンしますよ!!

www.nakanoshinsuke.net

 

 

テスト対策講座を開きます

熊本 塾 学習塾のNAKANO

そろそろ私が塾を構えている近隣の中学校の定期テストです。今年度から前期後期制に変わったため、通常よりも遅い中間試験となります。

塾生たちは私の塾に通い始めてから初めての定期テストとなります。とりあえず、授業を行っている数学と理科についてだけは自信を持って定期テストに臨んでもらえるよう授業内容を強化中ですが、他の科目も心配…。ということで、5教科のテスト前直前対策講座を行うことにしました。

一応理系科目専門塾なので、他の科目は無視もできたのですが、こうなったら短期集中でほかの科目も一通り学習して、少しでも点を伸ばそうと思っています。

そのかわり、短期で一気にやってしまうので講座の内容はかなりハードです。午前5時間、午後5時間の計10時間を土日で行い、その前後の平日に3時間授業を3回行います。ちなみにここまでは誰でも参加自由のオープン講座です。

当塾の塾生はさらにそこに3時間×2回追加で授業をします。

きついとか、え~そんなにやるの?という声が聞こえてきそうですが、逆にテスト前の休日にテスト勉強以外何をするつもりだったの?まさかテレビ見たいとか言わないよね?という感じで参加することになるのかなと思ってます。

ただ、生徒様だけつらい思いはさせません。私も計35時間に及ぶ授業の準備をほぼ同じかそれ以上、つまり授業と準備合計で70時間以上かけます。少しでも為になる授業が出来るよう準備は徹底的にしますので、臨戦態勢で講座に臨んで欲しいです。

一緒にテストを乗り越えよう!!

www.nakanoshinsuke.net

家庭と塾、問題演習はどうする?

熊本 塾 学習塾のNAKANO

最近当塾のスタンスが慌ただしく変化しております。最初は安く気軽に学習の補助が出来ればいいかなと思って始めた塾で、指導教科も数学と理科だけだったのですが、ご要望にお応えすべく、そして私自身の事情等も鑑みつつ…どうしたら生徒様の成績を上げることが出来るかということを考えに考えて変化してまいりました。

どうしたら成績上げられるかということを考えるのは大変な反面楽しいもので、一日中ずっと考えていても全く苦にならないのですが、いざそのアイデアを行動に移すとなると相当な度胸が必要です。幸いうちは私一人で運営している塾ですので、やるかやらないか私が決断しさえすればすぐ実行できるのですが、それを気軽に「やってみたら」と言ってくれる妻にも助けられます(家庭で反対されたら多分ストップするでしょう)。

 

さて、当塾では授業において一つ大きな理念を持っています。それは「理解と思考」です。「理解」については大体いいかと思います。しっかり授業中に解説を行えばいいので。

問題は「思考」です。とにかく生徒様に考えてもらわないといつまでたってもできるようになりません。つまり、演習です。

例えば次回塾で取り上げる問題を出しておいて、家庭で学習し、それを塾で解説…。これでは塾の時間中どれだけ思考(問題演習)する時間があるでしょうか。自分である程度できる生徒様ならいいのでしょうが、それは偏差値60台の上位層の生徒様です。塾で学習する生徒様の多数は偏差値50未満の生徒様でしょう。…ってその生徒様が家で次やるところの問題をできるわけないでしょう!

最初は一緒に解かなきゃ!解き方を一つずつ誘導しながら思考の仕方を説明し、流れをつかまなきゃ。そしてその直後に問題演習一杯して問題に慣れないと。…と私は考えています。

なので、私の塾では基本問題演習が中心です。問題を解く過程を生徒一人一人に聞いていって難しそうなところを一緒に解いて解法まで一緒に導くというやり方です。まぁどこでも同じことしているとは思いますが、私の塾では解説2割、問題演習8割くらいの比率です。

生徒様は結構大変そうです。塾の間(3時間)ずっと問題解いてないといけないので、頭がつかれたという声がよく聞こえてきます。でも、3時間はあっという間に過ぎていくでしょう。もっと時間が欲しいという声もあがりますので。

ちなみに家庭学習は宿題プリントというかたちで授業の復習をしてもらっています。とにかく定着が大事。受けっぱなしにはしない。

確認テストもします。合格するまで帰れません。逆に合格したらすぐ帰れます。なので、確認テストはみんな必死にやります。

学校の勉強なんて、やるかやらないかです。やれば成績上がります。上がらないということはやってないから。解説聞いてもやったことにはなりません。

さぁ、手を動かし頭を回転させましょう!

www.nakanoshinsuke.net

少人数塾の極み

熊本 塾 学習塾のNAKANO

6月より少し塾の業態を改変して、指導する生徒様を極力絞った塾運営へと切り替えることにいたしました。

具体的にどれくらい絞るかといいますと、中学二年生12名のみ…。この最大12名に私の全てを注ごうと思っています。中学1、3年生の募集は今後行わず、別の業態も行わず、ただひたすらに中学2年生のみに全力を集中するという業態です。

本来収益を上げようと思うならば間口を広く持って生徒数を増やすべきなのでしょうが、日中どうしても動きが取れないため、あえて力を集約することで差別化をすることにいたしました。

なので、すごく独特な塾の運営形態へと様変わりいたします。

まず、授業時間ですが、コア授業(絶対受けて頂く授業)とオープン授業(選択制)に分けます。これは、生徒様の負担を考慮したものです。すべての授業を受けて頂くとかなり負担が大きくなり、特に部活動をしている生徒様は疲れてしまうでしょうから、一部選択授業を設けてクッションを作っています。

ちなみに、すべての授業が中学二年生向けなので、5教科合計で週の授業時間がコア授業のみで600分、確認テストも入れると720分、選択授業までフルで入れると1,000分近くに及びます。5教科については全て私が責任持つ気概で授業を行っていきます。

 

生徒様は中学2年生のみ。次に生徒様を大々的に募集するのは今の生徒様が卒業した2年後ということになります。当塾に通う生徒様はかなりレアになってくるのではないでしょうか(今でも既に零細なのでレア中のレアなのですが)。

塾の内容はかなり厳しいものになるかと思います。別に指導が厳しいということではなく、私が生徒様に求めるものが厳しいという意味です。基本的に塾の内容は演習中心なので、塾の間中ずっと思考しなければなりません。結構疲れると思いますが、2年後の春をめざし、一緒に歩んでいければいいなと思います。

がんばっていきまっしょい!!

www.nakanoshinsuke.net

 

ゲームの代わりにエクセルを与えてみた

ゴールデンウィークも終わってしまいましたね。

うちは零細個人塾のため、休んでいる場合でもなくゴールデンウィークだろうが変わらず仕事だったのであまり変化はなかったのですが、子供は幼稚園がお休みということで、日中子供と遊ぶことが出来ました。

そこで、幼稚園の年長さんともなると色々とおもちゃやゲームで遊びたがるわけですが、私に似て子供もとにかく飽きっぽいのです。今迄いくつかおもちゃを買いましたが、もって30分ほどで飽きてしまいます。最終的に長く遊んでいるのは100円均一で買った白いルーズリーフとセロハンテープ…合わせて220円(税込)。それまで買ったプラレールやミニカー等目もくれずルーブリーフに数字書いたり、文字書いたりして遊んでます。

ということで、新しいおもちゃを買っても多分飽きるな。ゲーム買っても私自身30分も遊んである程度のシステムが分かると飽きるので、うちの子も同じようにもって30分だろうな…と考えた結果、ゲームを買わずにうちのPCのエクセルで遊ばせてみました。

これなら好きな数字も一杯かけるし自由に作図できるのでしばらく飽きずに遊んでくれるかな~と。プレステやスイッチだとハードだけで2~3万円しますから。エクセルだとただです!

 

それで、どう遊んでくれたかと言いますと、結構気に入ってくれて一日1時間近くエクセルで遊んでくれました。一緒に座っていろんな機能を教えていったので、少しは使えるようになってきました。まだ文字のタイピングは隣でローマ字打ちを指示しないと打てませんが、「罫線、文字のフォント、ドラッグしての数字の連続表示、図形の挿入、改ページプレビュー、印刷」くらいは一人でできるようになりました。

ちなみに昨日子供が作ったカレンダーですが、大分様になってきました(私一切手伝っていません)

熊本 塾 学習塾のNAKANO

20210510作成カレンダー

以前プログラミングの先生をしていたことがありましたが、わざわざお金払って通わなくても家でエクセル使ってプログラミングもどきできるじゃんと、ちょっと得した気分です。

結構難しそうに見えても子供に興味があれば後は自分でやってくれます。とにかく子供の特性と興味を見つけて与えてみると面白いかなと自分の子供で試してみてます。

 

ちなみに今後の予定としては小学校に上がったら子供のおこずかいは株で運用してもらう計画です。頑張って企業研究すればおこずかいアップみたいな…。乗ってきてくれるといいのですが。多分子供のころの私なら絶対ハマルと思う。

www.nakanoshinsuke.net